Subscribe in a reader  Add to Google Reader or Homepage  Powered by FeedBurner   

Sunday, January 4, 2009

派遣切り?

年末年始はGoogle News経由で何度も”派遣村”という単語を耳にしました。何のことかよくわからなかったのですが簡単に言うと働かずして衣食住の支援をしてもらえるオイシイ集まりのことみたいです。意味が分かりません。ここは名前だけでも資本主義を掲げてる国じゃなかったっけ?働かざるもの食うべからずという大原則はどこへ行ったんでしょう。


いわゆる派遣切りに関しては当初から思うところがあったのですが、いったいあの人たちはどうして怒ってるのか理解できません。組合のようなものまで結成して企業に抗議し国に援助を求める始末。


どうして企業があの人たちを正社員ではなく派遣として雇用したかと言えば、正社員として採用するほどの価値は企業として認めないけど一時的に人手が欲しいからです。要は切りやすいから。最初から解雇ありきの立場だと思うわけです。景気が悪くなれば企業としては当然損失は最小限にするようにつとめる必要があるわけで、コストを減らすためにリストラするのはやむを得ないことです。その際に派遣社員を真っ先に切るというのは理にかなってるし、当然の発想です。慈善事業じゃなくて営利企業なんで。それを派遣としての雇用に同意して働かせてもらっておいてリストラされたら逆切れして弱者ぶるなんてとんでもない話です。


企業の損失というのは上場企業であれば株主というように必ず出資者に跳ね返ってきます。企業の経営目標の中で株主利益の最大化というのは絶対に高い優先順位でないといけないはずです。無駄な派遣をたくさん雇ったままにしてコストがかさみ、経営が悪化して株価ダウン、というのだけは避けるべきですし、そんな自体を招いた経営者は無能と言われるでしょう。


まして正社員でもリストラにあう時代に派遣が残っていることの方が不自然です。節操のないマスゴミどもが派遣がかわいそうな人たちであるかのように垂れ流しているのが頭に来ます。かわいそうと思うのなら税金ではなく自費で養ってあげるくらいのことをしているのなら考え方はともかくポリシーのある人だなぁと思いますがそんな話は聞いたことがないです。口で同情のそぶりを見せるのは誰でもできます。


大体あんないい齢して派遣やってる原因を本人たちが考えるべきだと思いますが。貯金もないって人生なめてるんですかね。派遣村かなにか知りませんが働かずに飯が食えるなら誰も働かないでしょう。町を歩けば不景気の今でも求人広告はそれなりに見かけます。失業したのなら派遣村ではなく求人広告に群がるのが本来あるべき姿だと思うのですが。。。テレビで見ているとハローワークに来ておいて"自分にあった仕事がない"とか寝言を言ってる人がいましたが、謙虚に仕事を探す人であればそんな言葉は出てこないと思います。"ってかお前に会う仕事って何があるんだよ"と突っ込まれるのを待ってるのかと思いましたがハローワークの人は突っ込みませんでしたね。そりゃそうか。。でも本当に自分にあった仕事で大満足で働いてる人の方が世の中少ないんじゃないかと思いますけどね。家族のことや老後のこと考えたらそんな贅沢言ってられないでしょうし。


努力もせずに他人や社会のせいにする。なんかそういうのを怒りもせずに無批判に受け入れてしまってる人が多いあたりに危なさを感じます。今に始まった話じゃないですけどね。国内に予算が足りない分野がいっぱいあるのに借金してまで外国に金をばらまく政府の能無しぶりも変わらんし。実力があって本当に賢明な人はこの国を変えようなんて考えずにさっさと国外に脱出するのがベストですね。そろそろそれも始まってるみたいですし、その準備はしっかりしておこうと思います。


まじめなこと書いてるわりに現在モチを食べ過ぎて嘔気を催しております。正月太りには気をつけましょう。

No comments:

Post a Comment