Subscribe in a reader  Add to Google Reader or Homepage  Powered by FeedBurner   

Wednesday, November 26, 2008

MacBook Pro !!

ついにきたーMacBook Pro!!半透明だった頃のiMacから数えて4代目のMac。


まずはいつもどおりかっこいいパッケージに感動。やっぱり箱がただの段ボールなんて考えられん。こうじゃないと。ずっととっておきたくなるようなパッケージってAppleだけの特徴だと思う。こうゆう美学を感じるともうやめられなくなっちゃうから魔法みたいなものかも。でもAppleの人たちも自社製品が大好きなんだろうなって感じられることはすごい重要。
しかもこのコンパクトさ!たった1年前に買ったMacBookと比較してもかなりの小型化。今回のMacBook Proは15インチ、MacBookは13インチだから今回の方が大きいはずなんだよね、普通に考えたら。40%小型化したらしい。ということは同じ飛行機に今までの1.6倍多く積み込めるわけだからコスト削減できるばかりか環境負荷もそのまま40%軽減されてることになる。こうゆうのが本当のエコでしょ。
どっかのアホみたいな大衆車メーカーみたいに『エコ替え』とか抜かしてユーザーに買い替えを迫るようなのはただのエゴ。論外。
能無しのマスコミのせいでかなり勘違いされてる環境問題については日頃から思うところがあるんだけど今はどうでもいいのでまたの機会に。
まだ箱も開けてないのにこんなに書いてしまった。興奮しすぎ xp

ついに開封の儀でございます!
うおーーー!!美しすぎる!!このときはつい興奮して一人で叫びながら写真撮っては喜びに浸ってました。ヤバすぎ。しかし箱の中までしっかりデザインしてくるところはさすが。ユーザーの気持ちがわかってるね。

この時点で興奮と感動で半分泣きながらついに起動させる。

初回起動時のみ出てくるおなじみのLeopardのムービー。We are X !!とはまた別。Mac OS XのXね。
ついでにさっきまでの愛機MacBookと一緒にツーショット。どっちも美学があふれ出てるね。てか後ろ散らかってるな。


この次のステップが環境移行。これはTimeMachineを使う。TimeMachineについては詳しくはここ参照 。これは本来はうっかり消しちゃったファイルとかを過去にさかのぼって復活させるバックアップ技術なんだけど、それを利用して環境の移行にも使える。TimeMachineで使ってる外付けハードディスクをMacBook ProにFireWireでつなげて移行アシスタントに従うだけ。

ついさっきまでのMacBook Proの環境がそっくりそのままMacBook Proで再現された。箱から出して1時間ほどしか経ってない。もうこれはユーザー体験の革命だね。
おまけにSafariの履歴まで移行されてるとはびっくり!(まあよく考えれば当たり前なんだけどね)
昔は新しいMac買ったときとかOSをインストールし直したりしたらアプリケーションは全部ダウンロードしてインストールし直さないといかんしせっかく自分流にカスタマイズした設定もやり直さないといかんしDVDでバックアップとるのも面倒だったりでほんとーにうっとうしい作業だったわけだけどテクノロジーの進化ってすばらしいですね。今では考え方が変わっちゃって少しシステムが調子悪くなったら気軽にOSの再インストールしちゃうようになったもんね。


それにしてもTimeMachineからのコピーが小1時間って速すぎる。FireWire800恐るべし。


コピーしてる間にもMacBookを眺めては写真を撮りほくそ笑みつつさりげなく昼飯も食いました。
一枚のアルミ板から削り出されたからこそ出せるこの質感。
ボタンレスでそれ自体がボタンにもなってるガラス製のMulti-touch trackpad。
環境光センサー内蔵で周りが暗いと発光するキーボード。
薄っ!!

このボディは一枚のアルミ板から高精度に削り出されたものだから継ぎ目が一切ない上に剛性もハンパない。それでいて軽量化までできちゃってる。実際片手で持ってもたわみはなかった。この手になじむ感じは思わず一緒に寝たくなりますな。壊れるからしないけどね。この製造過程の一部がAppleのサイトで見れる のでぜひ見てみることをお勧めします。ちなみに最初にしゃべってるイギリス人の男性がJonathan Ive。AppleのIndustrial design 部門のリーダー。iPodを含めApple製品のデザインはこの人が率いるチームによるもの。すごいなぁー。デザインはもちろん製造プロセスまでイノベーションを起こすとは。
デザイン部門と製造部門のコミュニケーションのない会社だとこうゆうことはまずできない。現実的に作れるものをデザインしろよ!とか言われて作れるものしかデザインしなくなる。結果しょうもない同じようなデザインの製品ばかりになる。そんな会社とAppleは違うってことを見せつけてくれたようなうれしいMacです。

気づけば結構長いブログになってしまった。もうAppleのこととなるといくらでも話したいことがあって止まらなくなるんだけどここらで自重しよう。他にもいっぱい写真撮った のでよかったら見てね。

やべー興奮しすぎてなんとまだあさっての眼科手つかず。気合いだ!!

Listening to hurry go round by hideHide - Hide Singles + Psyborg Rock iTunes Special!! - Hurry Go Round
Full English site: TOSHI.NET 

No comments:

Post a Comment