Subscribe in a reader  Add to Google Reader or Homepage  Powered by FeedBurner   

Friday, October 31, 2008

Google Newsから

昨日は個人的にはなぜか卒試始まって以来の難所だった皮膚科が(採点まだしてないけど多分)無事終わり、仲のいい連中とワイワイどんちゃん騒ぎしてきた。
ほんとに皮膚科は記憶されるスピードが今までの他の科に比べて極端に遅くて嫌になった。しかもうちの大学の場合、認定医レベルの選択肢とか出てて出題の意図が不明。学生に何を求めてるんだろう。まあなんだかんだで無事に終わっておいしい酒が飲めてよかった :)

卒試が始まって心がけているのが、毎日ビールを飲むことなんだけどこれがなぜか周囲からはあまり評判が良くない。やることやってれば何してもいいと思っているので別に気にしてないけど、逆に酒も飲まずに毎晩何をしてるのか不思議だ。24/7勉強してる訳でもあるまいし。どうせお茶飲む時間あるなら我慢せずにビール飲めばいいのに、と思うけどまあ人それぞれいろいろあるんだろうね。知らんけど。

卒試も残り一ヶ月。産婦、小児が次に控えている時点で早くも嘔気を催してるけど酒飲みながら適当に片付けていこうと思う。

長い前書きになったけど、その皮膚科の問題用紙が配られる直前にiPhoneいじりながらtwitter経由でGoogle News見てたらこんなの見つけた。

これは全国の病院に導入してほしい。今の日本の高い健康水準は医者が文字通り健康を削って維持してきたもの。それを当たり前だと思う奴らが増えすぎてる。だから深夜のコンビニ感覚の救急受診とかタクシー感覚の救急車の乱用とかが大問題になってる。救急車も5万円くらい徴収しても黒字にならないんじゃないかと思う。本当にヤバいと思ったら5万くらい気にする余裕がないだろうし、本来そうゆうときのための救急車だったはず。とりあえず救急車出動した時点で5万徴収して、病院に着いて重症と判断されたらいくらか返還するとかでもいいし。いずれにしても病院側も患者側も経済感覚がなさすぎるんじゃないかと思う。病院もれっきとしたビジネスのはずなのに。
舛添も東京都に責任擦り付けてる暇があったらちゃんと仕事しろって感じだけど、動きが見える分いままでの大臣よりはいいかな。

Google Newsからもう一つ

そもそも国連にこんなことを偉そうに指図される覚えはないはずだけど。内政干渉じゃん。てか国連って何か意味あるんかな。核兵器とか戦争とか重要なときほど無力なくせに日本にはいろいろ言ってくるみたい。死刑廃止とか言ってる奴らって自分の子供とか奥さんが"なんとなく"殺されても同じこと言い続けられるんだろうか。

"社会の自分への評価が低い"→"どっかで誰かを適当に殺す"→当然逮捕される→''精神的におかしかったと言い張って精神鑑定へ”

これが最近の固定パターン。そんなことするやつだから評価低かったの正解だったじゃんって感じ。
こんな奴らに大事な人を殺されたら犯人を殺してやりたいと思うのが正常な反応だと思う。遺族はずっとそんな気持ちのまま残りの人生をボロボロにされてる一方で、犯人は快適でキレイな塀の中で三食付きの人権を守られた生活。これは絶対おかしいと思う。人を殺したやつの人権なんて守る必要ない。もっと守ってあげないといけないものがあるだろって国連に言ってやれ。絶対言わないだろうけど。


はぁー今日はなんかまじめなブログになったなぁ。キャラが違うから次はもっとユルいのにしよっと。

Full English site: TOSHI.NET

listening to Sex & Religion by VIOLET UK 
VIOLET UK - SEX & RELIGION

No comments:

Post a Comment